35歳からのオーダースーツ オンラインで『本物』を自宅までお届けします。

失敗しない結婚式スーツ

女性が結婚式やパーティ会場で目にするかっこ悪いと思う男性像のトップ2

これは、某雑誌社でとられたアンケートで『結婚式やパーティ会場で「無い」と思う男性のスーツ姿』のダントツの意見です。
そこで、皆さんに失敗しない結婚式スーツの選び方についての情報をお知らせします。

TPOに合わせたスーツを選ぶ

見た目も重要ですが、まずは社会人としてのマナーを最初に考えないといけません。
呼ばれて出席する以上、マナーと伝統にあった服装で出席しないと、相手にも恥をかかせてしまうことにもなりかねません。
そこで、結婚式に着ていく服として、まず最初に候補に挙がる「礼服」といわれる物ですよね。では礼服とはどういった意味かご存知でしょうか?

礼服とは
礼服とはフォーマルウェアとも言われており、「正礼服・略礼服」と大きく2つに別かれます。また正礼服は昼間礼装と夜間礼装に分けられ、それぞれをTPOに合わせて着用しなければなりません。

正礼服とは
モーニングコートや、燕尾服、タキシードなどのことで、特に格調高い結婚式や式典等で着用される礼服のことです。昼間礼服と夜間礼装に分けられ、それぞれの礼服は下記のように分けられます。
昼間礼装・・・モーニングコート、フロックコート
夜間礼装・・・燕尾服(ホワイトタイ)、タキシード(ブラックタイ)、メスドレス

礼服とは
西洋ではダークスーツを指しますが、日本ではいわゆる真っ黒なスーツを指します、 上質な生地のもので、スリーピースが基本です。
日本では昼夜通して慶事・祝事・弔事と、着方に応じて冠婚葬祭でオールマイティーに対応できる便利な礼服として扱われています。

つまり、黒生地の無地や目立たないストライプ等を使用したもの=ブラックスーツなんです。

ブラックスーツの定義

黒の背広の上下一式を指します。 一見するとブラックスーツはフォーマルな印象になりがちですが、あまりにもデザインのきいたスーツでなければ、ビジネスでも使えます。
日本ではほとんどの場面で通用するため、最もスタンダードな礼服として定着しており、セレモニーに必要なアイテムとされ、そのためだれでも一着は用意しておきたいフォーマルの基本で、社会人になって初めて買うスーツはブラックスーツという方も多いです。
実際結婚式に呼ばれた場合に正しい服装は?といいますと・・・ブラックスーツでOKということです。

結婚式には本当にブラックスーツで問題ないの?

以下の表を見ていただくと分かると思いますが、ブラックスーツは昼夜通して、慶事・祝事・弔事と、冠婚葬祭でオールマイティーに着ていただけるものなのです。ですから、

・新婦の近い親族、お父さん等(兄弟等はブラックスーツで問題ない場合が多いです)
・よほど格式の高い結婚式(政治家や名家の結婚式等)

以外では、ほぼ全部ブラックスーツで対応可能ということです。

フオーマルスーツ表

賢いブラックスーツの選び方

結婚式以外も、ビジネスや式典・パーティに着ていけるおしゃれなブラックスーツがお勧めです。

なぜなら、数年もすれば体型は変わってしまいますし。また、結婚式の度に、購入していては経済的にも大変です。なので、計画的に着用しながらもいざという時に対応できるデザインや型がベストです。

1 ある程度の予算で
2 ビジネス用に新調するつもりで

くらいのイメージが丁度良いでしょう。

ブラックスーツを選ぶ際の2つのポイント

では、実際にどこに注意して購入すればいいかといいますと 冒頭にもかきましたが、良いブラックスーツを購入する際の注意点がこの2つなんです。

良い生地を選ぶ

実は安い黒生地はとっても目立つんです。ですから、ブラックスーツ(特に無地等は)の生地選びには慎重になってくださいね。生地の選び方の重要なポイントは

① 艶があって光沢がある生地を選ぶ
生地の種類やランクで見え方がだんぜん変わってきます。良いブラック生地は艶があって、なめらかで、光沢がでています。式場でのライトがスーツに当たった時に差が一目瞭然です。

② Superを見る
Superは良い生地を見分けるための、一つの要素となります。

このSuper○○とは服地に使われているウールの細さを表しています。ウールが細いものは光沢がとてもしとやかで上品な光り方をするんです。
ウール100%意外の服地でもカシミヤやビキューナ、シルクなどが混ざっている場合はSuper表示可能ですが、原則としてポリエステルなどの化学繊維が混ざっている生地には表示できません。
Superの数字が大きいほど細い毛になります。Super120以上は光沢も着心地も礼服向けといわれていて、お勧めです。
ちなみにスーパー80未満の場合は「Super~」という表記はしません。

ジャストサイズな着こなし

まず、スーツを選ぶ際、大きく2種類あります。それは『既製スーツ』と『オーダースーツ』です。 はやり、ジャストサイズのスーツを選ぶにはオーダースーツが基本です。
既製スーツはお値打ちじゃん。裾とか丈も詰めてくれるし。最近はデザインが良い量販店がいっぱいあるし、そんな声がたくさん聞こえてきそうです。既製スーツも現在はだいぶ技術が進みお値打ちな商品もたくさんあります。 しかし、ひとつ大きな問題があります。それは体型補正に限界があるということです。
なぜなら、既製品はできた状態が完璧な状態です。そこに大きな補正を加えるということは形が崩れてしまうことになります。オーダースーツは体のサイズを採寸しあなただけのサイズで仕立ててくれるため、体にフィットしたぴったりのスーツづくりが可能です。

予算を見極める

ここではスーツ購入に関して避けてとれない予算のお話をしたいと思います。みなさん購入の際には。ある程度の予算を決めてスーツ選びをされていると思いますが。予想以上の買い物をして後悔してしまったことはないでしょうか?

まず皆さんが身近に感じている既製スーツの料金に関しては分かりやすく問題はないと思います。

問題はオーダースーツの料金に関してですが、これまでよく相談を受けた一つがオーダースーツの料金の分かりにくさです。料金表示には00000円とかいてあるが、実際話をすすめていくと、この生地が良い、このオプションをつけるとより良く見えますよ、長持ちしますよ。と言われることが多く、見積もりを出してみると基本料金プラス数万円というのがよく聞くパターンです。

はやり、横に置いてある良い生地をみてしまったらそちらを選びたくなるのは当然ですよね? オーダースーツ屋はこういったシステムで利益を上げているのも事実です。

しかし、せっかく既製スーツと同程度で買えるならオーダースーツを作ってみようかな、と考えていた人にとっては敷居が高くなってしまうのではないでしょうか?

現在はオプション料金をやめて通常仕様にしているところもありますし、オプション料金を明確に打ち出しているスーツ屋さんが増えてきました。安心できるオーダースーツ屋さんの一つの選び方として覚えておいてください。

よくあるQ&A

店長ブログ

ブログ